スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本棚の作り方

少し前、絵本棚の作り方を詳しく知りたいというコメントをいただきました。

なので思いだしながら書いてみます。

が、私のDIY第一作目の絵本棚…

すいません、かなり適当に仕上げているので、ご期待に添えるかどうか…








もはや懐かしい、薄型絵本棚。




こんな部品達で出来ています。

側面の板はファルカタ集成材、横に渡した角材はホワイトウッドです。

ファルカタ集成材を使ったのは、軽く加工しやすいから。

ホワイトウッドは安かったからだったはず…汗


布は紅茶染めした綿麻生地です。


ではまず、木と布の寸法から。



側面の板は印をつけた後、赤の斜め線から切って、点線の部分を切り出します。

これを2枚。

横棒は60cmで5本。

が、実は側面の板は印付けを失敗して
気付かず切ってしまい、こんな形になっています(==;)




こちらの方がうえの無駄な出っ張りが無く、横棒の間隔が均等なのでいいかと思います。




布はこのように印付け。

ちなみに私は120cm幅の布を55cm幅に切って繋げて165cmにしました。

私は端のボロボロ感もアンティークぽくなるかなと切りっぱなしにしていますが、端処理する場合は縫い代を両端に1.5cmずつとって三つ折りにするといいと思います。

布は点線同士を付き合わせて縫い、横棒を通す部分を作ります。



こんな感じです、分かりますかね?



一番上は裏側に折り返し、下は表側に折り返して縫います。

その理由は



実際に横棒に通して布にたるみを持たせると、こうなるから(赤い点線は縫い目)。

一番下の縫い代はたるみの内側に隠れるので前からは見えません。


長くなるので続きます。


クリックしていただけると励みになります~


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

倫

Author:倫
手作り大好き、家族大好きお気楽主婦。
頑張り屋の旦那と2012年2月生まれのおもしろ娘と暮らしています。

転勤族な我が家、2014春に岡山→神奈川へ!
次はどこ行く?というかいつまでここにいる!?

…だけどインテリアも楽しみます♪

『御伽唄』改め『*オトギウタ*』という作家名で羊毛フェルトの作品を作ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。